事務局

事務局 基本方針

事務局

 局長 望月 佑記

昨年、藤枝青年会議所が55周年を迎え静岡ブロック協議会主管の年を終え、新たなスタートをする年に入会3年目の私に事務局長を任命して頂き、大変光栄であると共に責任の重大さを実感しております。

 事務局の主たる業務は、理事会・三役懇談会の設営・運営のサポートです。青年会議所運動や活動を行うためには、限られた時間で円滑な議論をして、理事会資料・議事録を正確に作成し記録することが必要だと考えます。そして、青年会議所を継続していくにはメンバーが時代に合わせた成長をしていく必要があります。

 当事務局では、理事会・三役懇談会を円滑に運営・設営して、より良い議論の場になるよう努めます。また、他LOMの設営を事務局が勉強するとともにメンバーが交流を深める契機とします。そして創立記念日例会では、メンバーとの結束を深める機会を創出します。さらに、事務局としてLOMメンバーを下支えし、盤石な組織づくりに努めていきます。

そこで、限られた時間で円滑な議事進行ができるよう新たな運営方法を提案します。理事会及び三役懇談会の資料配信が期日に配信できるよう理事役員との連絡を密に行い、資料・議事録も正確に残して参ります。中部5JC合同例会では、他LOMとの連絡調整を図り、メンバーに情報発信し参加を促します。また8月例会では、藤枝青年会議所の運動や活動を振り返り、メンバーと共に創立を祝う場とします。そして、次年度を担う理事長を選考する選考委員選挙では、規則に基づき執り行います。

円滑な理事会の運営により理事役員がより活発な議論を交わし、より良い会議を行うことにより精度の高い資料・議事録を残すことができます。また、他LOMとの交流が刺激となり個の成長へと繋がります。さらに、祝い過ごす時間を共有することで藤枝青年会議所の結束力が高まり組織が盤石となります。これらの正確な記録、個の成長が新たな藤枝青年会議所へと進化させると確信しております。

私自身が、学ばなくてはならないことが多く、皆様にご指導いただくことがあると思います。理事長をはじめ、皆様の期待に応えられるよう、事務局と共に成長して参りますので、1年間どうぞよろしくお願い致します。

事業方針・事業計画・担当業務

1.円滑な理事会運営方法の提案と設営

2.中部5JC合同例会の円滑な設営

3.LOMメンバー間の絆深まる8月例会の設営

4.理事長先行委員選挙の円滑な設営

5.3月第一例会の実施

6.8月例会の実施(創立記念日)

7.選考委員選挙の実施(5月)

8.会員拡大(通年)

9.ウェブサイト運営

 
 

年間スケジュール  ※実施日は状況により変更します。

担当例会・事業 担当行事 委員会日程
1 京都会議
2
3 第一例会 中部5JC合同公式訪問
4
5 理事長先行委員選挙
6
7
8 例会
9
10
11
12

事業予算

事業名称 金額(円) 予算番号
中部5JC合同例会 114,000円 (5−1)
4月例会事業費 30,000円 (7−3)
合  計 144,000円